圓城寺と伊達政宗

   元和 二年、激しい雨が降る秋の夕方、 鷹狩り から帰る途中の 伊達政宗 が、休息のため、 圓城寺 に立ち寄った。

   和尚が、 恐縮 して政宗を迎えると、突然、政宗は和尚に、「 和尚!あなたには両目があるが、 私には片目しかない! 」と問いかけた。すると、和尚は、「 空には無数の星があります。しかし、 たった一つしかない月の輝きの方が、無数の星の輝きに 勝って います 」と答えた。

   この答えを聞いた政宗は、たいへん満足して、和尚に 酒肴 を与えた。その中に、 の焼き鳥があったので、和尚は、「 肉を食べることはできません 」と断った。しかし、政宗が、 「 今日のみ、あなたの肉食を許します 」と言ったので、和尚は、恐縮しながら鴨の焼き鳥を食べた。

   政宗が、「 和尚、鴨の焼き鳥はどうですか? 」と問いかけたところ、和尚は、「 鴨が、つぎつぎと 羽音 をたてて、私の腹に飛んでいきました 」と答えた。政宗は、「 妙妙 」と言って、和尚の 機知賞賛 したという。

参考『 利府町誌 』

現地で採集した情報



“ 圓城寺と伊達政宗 ” 写真館

これが、圓城寺への入口。

これが、圓城寺の本堂。

ある日、政宗が、「 和尚、何か望みはないか? 」と聞いたところ、和尚は、「 別に、望みはありません。 ただ食べていければ、それでけっこうです 」と答えたという。この伝承の 問答 のみが、政宗の心を満たしたとは思えない。和尚の欲の無い心こそ、政宗に賞賛されたのであろう。圓城寺は、 監物取り次ぎ で、 寺領 十四 を与えられた。その後も、政宗は、鷹狩りのときには、この寺に立ち寄ったという。

ちなみに、 寺領三貫十四文とは、租税となる米の収獲高を、お金に 換算 したもの。つまり、「 年間に、三貫十四文で買える米が収穫できるほどの土地 」ということである。
平成18年3月18日(土)掲載